会計・税務

減価償却がよくわかる! 『定額法』と『定率法』を解説

2020.10.29|会計・税務

『減価償却』とは、機械設備や自動車、パソコンなどの固定資産の購入費を、複数年に分けて徐々に経費として計上していくことをいいます。
経理処理を行ううえでよく出てくるので、知っておきたい事柄の一つです。
減価償却の計算方法には、大きく分けて『定額法』と『定率法』の2種類があり、どちらの計算方法にするかは、あらかじめ決められている場合と選べる場合があります。
では、選べる場合、どちらを選べば節税につながるのでしょうか?
今回はこの2つの計算法について解説します。

詳しくはこちら

2020.10.29|会計・税務