会計・税務

絶対にやってはいけない! 会社を滅ぼす『粉飾決算』

2020.02.12|会計・税務

ニュースなどでよく耳にする『粉飾決算』という言葉。
一言でいうと、不正な会計処理によって経営状態を実際よりもよく見せることを指します。
粉飾決算に絡んだ事件としては、経営陣主導のもと総額1,500億円以上もの利益が水増し計上されていた東芝事件や、世間を大きく騒がせたライブドア事件などがあげられます。
粉飾決算には厳しい罰則が課せられることがあるにもかかわらず、企業はなぜ粉飾決算を行ってしまうのでしょうか。
その理由を説明していきます。

詳しくはこちら

2020.02.12|会計・税務