会計・税務

複雑な軽減税率の区分経理に救済措置! 『税額計算の特例』とは

2019.12.13|会計・税務

2019年10月に軽減税率制度がスタートし、帳簿や請求書の記載方法の変更や、価格表示の変更、対応レジの導入など、事業者側の負担は軽くありません。
特に確定申告における消費税の計算方法が複雑化したことで頭を抱える事業主の方も多いのではないでしょうか。
そこで、負担軽減のために活用を検討したいのが『税額計算の特例』制度です。
適用を受ければ、ある一定期間は一般的な課税方式よりも簡単な方法で計算することができます。
今回は、この『税額計算の特例』についてご紹介します。

詳しくはこちら

2019.12.13|会計・税務